スワンナプーム空港 タイ国際航空 ロイヤルシルクラウンジ

場所

地図で示せば、D2ゲート前なのですが、タイ国際航空のファーストクラスやビジネスクラス客には専用の入管があるので、そこを抜ければ、目の前がラウンジの入り口になっていますので、迷うことはありません。

エスカレーターを降りた先がラウンジがあります。

この時、まだ5時くらいだったのでオープンしていませんでした。

エスカレーターを降りた先に受付があります。

カウンターの隣には、この日、チャンが乗る予定のTG676の遅延の案内が掲示されていました。

室内

室内は一見、非常に豪華そうですが、老朽化というべきか、けっこうくたびれた感じが否めません。

お酒はあるけど、バーテンダーがいないですね。

う~ん、無闇に広い。

食事と飲み物

なかなか、おしゃれに配置されています。

広いラウンジなのに、冷蔵庫はこじんまりとしたのが2台だけ。

サラダは1ヶ所にしか置いてません。

ホットミールはそこそこあるものの、朝メニューのためか、中身が正直貧弱です。

中華まん、3種。

お菓子類は充実してます。

右のさくらんぼみたいのはあんこで出来ています。

いつものごとく、サラダとビールで乾杯。

ライスポリッジ。タイのお粥です。

具の白身魚はすっかり味が抜けていましたが、スープはダシが効いていて、薬味のネギのシャキシャキ感がマッチして、とても美味しかったです。

感想、 豪華そうに見えて、色々と残念感が否めないラウンジでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です